さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 他人ごとではない 年金記録のトラブル   ( 2015/04/10 )

普通に会社勤めをし、厚生年金保険料を支払っていたつもりでも、実際問題としてその期間の記録がつながっていないことがままある。マスコミでもさかんに報道されているが、この年金記録のトラブルを、どこか他人ごとのように受け取っている人も少なくない。

しかし、かつて転職をしたことがある、一度自営等の第一号被保険者になったことがある方などについては、かなりの確率で記録の漏れが発見されている。そろそろ年金の受給年齢に達しようかという人は一度、年金事務所で記録を確認してみた方がいいだろう。

企業側としては、高齢者の給与設定について、年金、雇用保険の継続給付、そして給与の三本立てで考えたいところだ。そのため、年金記録の不備により、従業員の年金額が変わってしまうようでは給与設計上、問題が生じる。少ない年金額を元に多少高めに給与を設定し、その後で記録漏れがわかり年金額が増えたとしても、それを理由に給与を下げるのは困難だ。

定年前くらいに、企業としても従業員に年金記録の確認を促してみてはどうだろうか。記録漏れにより本来より少ない年金を生涯受け取る不利益を考えれば、従業員にとっても損のない話だろう。月額数万円程度増えるケースはままある。







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.