さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 第30回男女雇用機会均等月間 マタハラがポイントに   ( 2015/06/16 )

厚生労働省では、毎年6月を男女雇用機会均等月間と定めており、職場における男女間の不平等を排除し、男女ともに能力を発揮できる社会の実現を目指す機会と捉えている。今年は男女雇用機会均等法が施行されて30年となる節目であり、最近社会問題化しているマタニティハラスメント(マタハラ)の禁止について、積極的に周知を行う予定だ。

「職場のマタハラでつらい思い、していませんか?~「妊娠したから解雇」は違法です。雇用均等室にご相談下さい!~」をテーマに、妊娠・出産などを理由とする不利益取扱禁止の周知徹底、事業主に対する指導の集中実施を行うとしている。実際、同省ではこのタイミングでマタハラに対する是正指導や勧告に従わない悪質な企業については、企業名を公表することを決定、全国の労働局に指示を出している。

平成26年度に全国の労働局に寄せられたマタハラ関連の相談は3,591件で、前年度から147件増となった。産休・育休取得をなんとしても避けたい、できれば辞めさせたいとする事業主による悪質ないやがらせや不利益取扱の例は枚挙にいとまがない。このような案件で企業名が公表されることのないよう、法令を順守した対応が求められている。  







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.