さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 同一労働同一賃金実現に向け ガイドライン策定へ   ( 2016/08/19 )

政府がすすめる「一億総活躍プラン」、その中には同一労働同一賃金の実現が含まれている。かねてから同一労働同一賃金については、実現に向けて様々な課題が示されていたが、政府は今後、関係する労働法の改正に着手する考えだ。また、それに先立って、ガイドラインを策定、個別労使が明確に不合理と認識できる取扱いや改善が求められる取扱いを例示すべきとしている。

現状、企業による自主点検の対象となる事例として例示されているのは、正規雇用と非正規雇用という違いのみで役職手当を支給しない場合、非正規従業員の業務の習熟度合いに応じた処遇改善、非正規従業員という理由のみで賞与を一切支給しない場合があげられている。また、見直しや代替措置の検討が特に望まれている例は、非正規従業員というだけで安全管理、通勤手当、食堂・休憩室等の利用の制限がある場合だ。

雇用者の4割が非正規雇用と言われる時代になっている。この4割の社員のやる気を引き出さないのは企業にとっても大きな痛手になることは間違いない。政府によるガイドラインの策定や法改正に伴う情報を収集し、いかにして待遇差を減少させるかといった対策を早めに講じることで、さらなる発展を目指すべきではないだろうか。







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.