さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 雇用保険の手続にマイナンバー 不備の場合は返戻に   ( 2018/05/24 )

平成30年5月から雇用保険関連の手続きにマイナンバーの記載が必須となった。従来、記載がなくても受理された書類が、記載不備の場合には返戻となるため注意が必要だ。

マイナンバーの記載が必要な手続きは、雇用保険被保険者資格取得届、雇用保険被保険者資格喪失届、高年齢雇用継続給付支給申請(初回)、育児休業給付支給申請(初回)、介護休業給付支給申請となる。

煩雑なようだが、たとえば転職者などですでにハローワークにマイナンバーの届出が済んでいる者については、都度記載する必要はない。欄外に「マイナンバー届出済」と記載することで省力化も可能となる。ただし、実際には届け出がされていなかった場合には書類が返戻されるので注意が必要だ。

3月から社会保険の資格取得についても基礎年金番号の代わりにマイナンバーでの届け出が可能となった。マイナンバーを記載すれば住所の記入が不要になるなど、届け出する側にとっても省力化のメリットがあるので活用したい。

管理部門への人員配置に限界がある中小企業にとっては負担の多いマイナンバーだが、もはや避けて通ることはできない。社会保険労務士等との連携も含めて、しっかりとした管理体制の確立が求められている。







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.