さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 上告人敗訴部分を破棄、差戻す 時間外手当等の支払い ― 最高裁   ( 2018/08/10 )

上告人(薬局)に雇用され、薬剤師として勤務していた被上告人が上告人に対し、時間外・休日・深夜労働に対する賃金と付加金等の支払いを求める事案で最高裁第一小法廷は、原判決中、上告人敗訴部分を破棄、同部分を東京高裁に差し戻した。

被上告人は賃金に加え業務手当の支払いを受けていた。同手当は時間外労働があったものとみなし、時間外の代わりとして支給される。被上告人は雇用直後から休憩時間に30分間業務に従事していたが、これについては就業管理がされておらず、上告人が被上告人に交付した毎月の給与支給明細書には時間外労働や時給単価を記載する欄があったものの、ほぼすべての月が空欄だった。

原審は、業務手当を上回る時間外手当が発生しているか否かを被上告人が認識できない状況下では、業務手当の支払いを法定の時間外手当の全部または一部の支払いとみなすことはできないとして、被上告人の賃金や付加金の請求を一部認容。最高裁は▽業務手当の支払いをもって時間外手当等に対する賃金の支払いとみることができる。労働時間の管理状況等の事情はそうした判断を妨げない▽業務手当の支払いをして被上告人への労働基準法37条の割増賃金の支払いとはいえないとした原審には、割増賃金の解釈に違法があるとした。







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.