さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 労働安全衛生システム国際規格 事業継続リスクも低減    (2019/03/22)

昨今、大規模な労働災害の報道が相次いでいる。労働災害は例年製造業、建設業、陸上貨物運送業の順に多い。技術や機械等が進歩する中で危険な業種に変化がない。より一層の労働災害防止策の再検討が必要だ。

世界的に労働安全衛生の重要性が叫ばれる中、2018年3月に労働安全衛生マネジメントシステムが「ISO45001」として国際規格になった。同規格は既存の標準規格類(厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」、中央労働災害防止協会、建設業労働災害防止協会など各業界のガイドライン)や従来の法令や規制と矛盾しない。厚生労働省はこれをもとに2018年9月に「労働安全衛生マネジメントシステムに関するJIS Q 45001」等を制定した。

労働安全衛生マネジメントシステムは、企業での自主的な安全衛生管理のための取組を体系的かつ継続的に実施するための仕組みであり、生産管理等と一体となって運用する。職場の安全衛生水準を向上させることは組織で働く人々の安全確保だけでなく事業継続リスクをも低減し、経営者にとって安定的な事業継続に繋がる。社会における労働安全衛生マネジメントシステムへの期待と活用は今後さらに高まるものと思われる。 







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.