さいたま市の社会保険労務士法人。女性スタッフが活躍しています。

トップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
解決事例紹介

サービスエリアのご案内
【埼玉県】
熊谷、さいたま、川越、川口、
行田、秩父、所沢、飯能、加須、
本庄、東松山、春日部、狭山、
羽生、鴻巣、深谷、上尾、草加、
朝霞、志木、和光、新座、桶川、
久喜、北本、八潮、富士見、
三郷、蓮田、坂戸、幸手、
鶴ヶ島、日高、吉川、ふじみ野
など各市
【東京都】 23区
【群馬】
館林、太田、伊勢崎、高崎、
藤岡、など


クラリネット MMG社会保険労務士法人
社労夢ハウスポータル
無料 労務リスク分析中
MMG税理士法人さいたま事務所
Tax House大宮桜木町店
本塚会
さくらeネット
相続手続き支援センター埼玉
資金繰り改善サポート
埼玉会社設立支援センター
MMG税理士法人・MMG社会保険労務士法人
埼玉・大宮 経理・労務アウトソーシングオフィス
繁盛店づくりを強力サポート

◎ 厚生年金加入逃れ対策強化 日本年金機構が集中対策実施中   (2020/10/07)

日本年金機構は2020年から2023年度において、厚生年金の加入逃れ解消に 向けた集中対策を実施する。5月の年金改革関連法の成立により、年金機構の権限は 強化され、違法な加入逃れの疑いが強い事業場に対する立入検査も可能となっている。

年金機構では、以前から登記情報に基づいて、法人登記されているにも関わらず、社会保険の適用のない事業場のチェックを行っていたが、その後、税務署からの情報も利用して加入逃れを確認するようにもなっていた。今年度からは雇用保険の加入者情報を年金機構が使用することが可能となり、登記情報、税務情報、雇用保険情報の各包囲網により加入逃れはますます困難となった。

現状、それでもなお34万もの加入逃れの可能性のある事業場があるとされている。また、コロナ禍により中断していた税務調査が再開された現在、機構による事業場への立入検査も同様となるのではないかとされている。指導に従わない悪質な企業については告発も視野に入れており、企業としては大きなリスクとなる。経営的に苦しい場合は保険料の納付が延滞金無しで1年猶予する特例も設けられた。加入逃れは従業員の不利益も発生することを理解し、適切に厚生年金に加入すべきだろう。







リスタート推進本部

お問い合わせ

copyright (c) MMG社会保険労務士法人埼玉事務所 All right reserved.